読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi3でTimeMachineサーバー構築

Raspberry Pi3 netatalkを用いたTimemachineサーバー構築

準備

以前TImemachineサーバーを構築していたのですが、新しいおもちゃRaspberry Pi3を買ったのでそっちに移行しようと思います。

apt-get install libssl-dev libgcrypt11-dev libpam0g-dev libwrap0-dev libdb-dev libavahi-client-dev libacl1-dev libldap2-dev  libcrack2-dev

 

ビルド

sudo wget http://prdownloads.sourceforge.net/netatalk/netatalk-3.1.8.tar.bz2 

tar xvf netatalk-3.1.8.tar.bz2

./configure --with-cnid-dbd-backend --with-init-style=debian-sysv --with-acls --with-zeroconf --with-cracklib --with-pam-confdir=/etc/pam.d --with-dbus-sysconf-dir=/etc/dbus-1/system.d

make -j6 

   -j 数字(同時にメイクするスレッド数 cpu core x 1.5くらいが目安)

sudo make install

これでインストールは完了。

設定

まずは、TimeMachine用にHDDを用意してフォーマットする

sudo mkfs -t ext3 /dev/sda1

そして、マウント

sudo mount /dev/sda1 /media/TimeMachine

自動マウントの設定を行っておこう

ls -l /dev/disk/by-uuid

で出てきたHDDに対して

vi /etc/fstab

に以下の行を追加する。

/dev/sda1 /media/TimeMachine ext4 defaults,relatime,nofail 0 2

 

netatalkの設定を行っていく

sudo vi /usr/local/etc/afp.conf

 

[Global]
hostname = Raspberry ; お好きなホスト名を
mac charset = MAC_JAPANESE

uam list = uams_clrtxt.so uams_dhx.so uams_dhx2.so uams_guest.so
log file = /var/log/netatalk.log
vol preset = my default values
log level = default:info
ea = samba ; 拡張属性の保存方法を Samba と同じにする。Samba との共存に備えて

[my default values]
valid users = @username
file perm = 0660
directory perm = 0770

[Time Machine]
path = /media/TimeMachine
time machine = yes
vol size limit = 300000

これを保存して、

sudo service netatalk restart

を実行すればOK